>

一定の期間預かってくれる施設

郵便局で預かってもらう方法

注文する際は、自分の名前や住所を入力します。
それとは別に配送先も入力できるので、忙しい人は近所の郵便局の住所を入力してください。
すると荷物が自宅には届かず、郵便局に届きます。
届いたらメールで知らせてくれるので、都合の良い時に引き取りに行ってください。
メールに、いつまで預かれるのか記載しています。

無限ではないので注意してください。
1週間や10日など、荷物を預かれる期間が決まっています。
その期間を過ぎると処分されるか、送り先に返却されます。
再配達は申し込めないので、再び注文するしかありません。
費用をもう1回支払わなければいけないので、無駄な出費に繋がります。
時間が空いている時と見つけて、早めに取りに行きましょう。

24時間経営している

コンビニでも同じように荷物を預かってくれます。
24時間経営しているので、いつでも荷物を引き取りに行けるというのがメリットでしょう。
またコンビニだったら、自宅近くにもたくさんあると思います。
配送先にコンビニの住所を入力する際は、間違えないように注意してください。
間違って遠くのコンビニの住所を入力してしまうと、取りに行くのが大変になります。

入力したら間違いがないか、確認してから注文を確定しましょう。
会社の帰り道にあるコンビニを、利用しても良いですね。
仕事が終わってからでも荷物を取りに行けるので、期限内に行けなくて処分されるという事態を回避できます。
荷物を引き取りに行く場合は、身分証明書とハンコを忘れないでください。


この記事をシェアする